「未来患者学2018 性ホルモン・セクシュアルウェルネス講座」に登壇いたしました。

2018年8月11日、未来患者学「性ホルモン・セクシュアルウェルネス講座」に代表の高倉が登壇させていただきました。

未来患者学とは?

「医療メンター」という仕組み作りを通じて、世界発信できる「医療文化」の創造を目指しているメンタリング・メディスン・アソシエーション(MMA)主催のイベントになります。詳しくはこちらをクリック。

2018年のMMA未来患者学は脳科学者の茂木健一郎さんや医療の最先端のドクターによるプログラムで構成されています。

一生を共にする大切なカラダ。もしも病気になったその時に、私たちはどのような行動をとれるのか。より正しい選択ができるためにも、大切な考え方をこの1日を通して学ぶことが出来る。それが未来患者学です。

高倉健×岸紅子「性ホルモン・セクシュアルウェルネス講座」を開催

そのプログラムの1つとして、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会(HBA)を設立し、多数の美容・健康・医療関係者とともに女性の心と体のセルフマネジメントを啓蒙なさっている岸紅子氏とデリケートゾーンケア製品を早くから展開し、更には天然成分だけで性行為に関する悩みを解決するアイテムを作った、たかくら新産業高倉健が、性と生に関わる最新の『セクシュアルウェルネス』について語らせていただきました。

IMG_7005

世界ではすでに常識になっていますが、日本ではようやく様々なデリケートゾーンケア用品や安心安全なセクシュアルアメニティが発売されるようになりました。弊社でもデリケートゾーンケアブランド「ピュビケアオーガニック」やセクシュアル・アメニティ・ブランド 「bda ORGANIC」を展開しています。

IMG_7006

『セクシュアルウェルネス』を学びケアしていくことは健康とも繋がり、生涯人生を楽しみ、こころも身体もみずみずしく潤してくれるとても大事なことなのですが、日本では「生理や性器は汚い、見ない、触れない」という扱いをされる風潮があり、極端に情報が遅れているのが現実です。

今回はそこに蓋をするのではなく、デリケートゾーンのケアを通して、より健康で楽しく、真の意味で豊かな人生を歩むためのヒントを2時間かけてじっくりお話しさせていただきました。この講座をきっかけに、セクシュアルウェルネスについて少しでも興味を持っていただけたらと思います。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。