ドラゴンツリー 〈悠久の年月に育まれた神の木〉

原住民の暮らしに寄りそう“龍の血”の力

ドラゴンブラッドリュウゼツラン科の常緑高木。ドラゴンブラッドと呼ばれる赤い樹脂を有することから、別名を龍血樹といいます。マカロネシア(ヨーロッパや北アフリカに近接する大西洋の複数の島々)各地に産するDracaena dracoと、インド洋ソコトラ島特産の近縁種Dracaena cinnabariが、主要な種として知られており、東南アジアにも数種あります。

ボトルツリーとも呼ばれ、まさにボトルを逆さにして大地に立てたようなユニークな形をしていますが、これは空気中の水分を効率よく吸収するためと言われています。

高さは20m以上にもなり、年輪がありません。樹齢7000年と推定される木もあり、世界一長寿の木とも言われています。

アマゾン川流域に自生するドラゴンツリーは、昔から原住民たちが万能薬として使用してきました。ペルーの先住民は、胃潰瘍などの激しい腹痛を和らげたりする目的で内服していました。傷口に塗るとすぐに乾燥し、傷口をまるで第二の皮膚のように覆い、新たな皮膚の形成に効果を発揮すると言われ、原住民はこの「神の木」に感謝しながら、貴重な樹液を薬として活用していました。また、“赤い金”ともてはやされ、金と同様の価値があったそうです。

家具、バイオリンなどの製作において、仕上げ用のニスに赤みを加える目的で使われたり、化学染料以前の時代には赤インクの原料として使用されたこともあります。また、中世には錬金術や魔術にも用いられたそうです。

人への利用

樹脂に少し甘さとスパイシーさを加えたような奥深い香りをもつので、お香に調香されたり、樹脂の塊を、お香のようにして香りを楽しみます。

肌の再生能力にすぐれているので、アンチエイジングを目的としたジェルやクリームなどの化粧品のほか、サプリメント、歯磨き、石けんなどに配合されるなど、注目を集めています。

神聖なイメージから、浄化グッズ、パワーストーンのように、樹脂のかけらをもつ、身につけるという使い方もされています。

注意事項

子ども、妊婦、授乳中、高齢者、敏感肌の方、重疾患をお持ちの方、動物(とくに猫)へのエッセンシャルオイルの使用は、注意が必要な場合があります。専門書や専門家、医師のアドバイスを参考にしてください。

参考文献・サイト

ウィキペディア「竜血樹」
ウィキペディア「竜血」

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。