ローズマリー〈集中力UPの定番〉

集中力・記憶力を高める清涼感のある香り

シソ科の多年草です。芳香が強く、花をつける常緑性の低木で、芳香が強いシソ科の多年草。葉は固く針のように鋭く、表面は濃い緑色、裏側は薄い緑色で綿毛に覆われています。属名のRosmarinusは、「海の雫」を意味します。地中海地方の原産ですが、世界中で栽培されています。

14世紀のハンガリー王妃エリザベートが健康を害していたとき、ローズマリーのチンキ剤を主成分とする液体のおかげで回復し、70代にして20代の王子にプロポーズされたという逸話から、この液体は「若返りの水(ハンガリアンウォーター)」と呼ばれ、ローズマリーはスキンケアやヘルスケアによい植物として知られています。

アロマセラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)は、1.8シネオールを多く含むシネオールタイプ、カンファーを多く含むカンファータイプ、ベルべノンを多く含むベルべノンタイプなど、成分・作用に特徴をもつ亜種から採取するものが複数あります。香りもそれぞれに特徴をもっていますが、どれも清涼感があり、頭脳が明晰になって集中力・記憶力を高めると言われています。

人への利用

消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があり、鮮度を長持ちさせることから、肉料理はじめ、さまざまな料理のスパイスにしたり、オリーブオイルに香りを移して調理に使ったりもします。

リフレッシュしたいときや仕事や勉強に集中したいときは、エッセンシャルオイルの香りを嗅ぐと効果的です。また、抗菌作用・抗ウイルス作用のある成分を多く含んでいるので、スプレーや芳香器具での拡散などにより、雑菌の繁殖を防いだり、感染症を予防したりするのに利用されます。石けん、シャンプー、ローションなどのスキンケアやヘアケア商品に配合されることもあります。

そのほか、亜種に特徴的な成分、カンファーは筋肉痛のケアや防虫に、1.8シネオールは去痰や花粉症に、ベルべノンはスキンケアに向いているので、エッセンシャルオイルは、それぞれ目的に応じて選ぶのがおススメです。

犬への利用

競技やショーに出場する犬に、エッセンシャルオイルを使った芳香浴をさせ、集中力を高めるのに利用することがあります。

ベルべノンタイプは他のタイプに比べ作用が穏やかで、スキンケア効果が高いので、とくに皮膚や被毛のお手入れに有効です。カンファータイプは防虫効果が高いので、虫よけスプレーにブレンドして使われることがあります。

注意事項

・子ども、妊婦、授乳中、高齢者、敏感肌の方、重疾患をお持ちの方、動物(とくに猫)へのエッセンシャルオイルの使用は、注意が必要な場合があります。専門書や専門家、医師のアドバイスを参考にしてください

・高血圧、てんかんの方は、エッセンシャルオイルの使用は慎重にしてください

参考文献・サイト

・フレグランスジャーナル社 三上杏平「エッセンシャルオイル総覧」
・日本ヴォーグ社 クリッシー・ワイルドウッド「アロマセラピー百科事典」
ウィキペディア「ローズマリー」

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。