旅で出会う日常と非日常

 

 

今年のゴールデンウィークは天候に恵まれ、

アウトドアや旅行を楽しまれた方も多かったのではないかと思います。

 

私は連休中、逗子と伊豆を訪れました。

 blog2

 

普段から移動中の車窓からや、散歩の最中に

街並みや家々を眺めるのが好きです。

旅自体は自分にとって非日常なのですが、

旅先でその土地の日常を眺めては、あれこれ想像を巡らします。

 IMG_4032

 

IMG_4055

 

海辺の街を歩くと気が付くことが。

広めのデッキやテラスにガーデンテーブルとチェアが並び

玄関横にサーフボードが立てかけてあったりすると、そのお宅に住んでいる人が

海辺で暮らすことを心から楽しんでいることが伝わってきて

生活を積極的に味わおうという空気感に、

私まで幸せで満たされるような気分になります。

 

一方で、古くからその土地で生活しているお宅には

新しさやスタイリッシュ感では到底太刀打ちできないような、どっしりとした趣があります。

丁寧に刈り込まれた庭木や、きちんと掃除された玄関先とか

ピカピカに光っている縁側の床やガラス戸。規則的に並んで風に揺れている洗濯物も。

 

どちらの風景も、暮らすことへの姿勢や誇りが感じられて

心を打たれます。

 

そんな時、いつも思うのは

たかくら新産業の商品もそんな存在であってほしいということです。

 

ナチュラル・オーガニックにこだわって作り出したものを

海辺の暮らしを意識的に満喫するように、

その良さを知り尽くして使って欲しいという想い。

一方で、日々繰り返される日常として

ただただ当たり前に使ってもらえたら…。そんなふうにも考えます。

私達が目指しているのは、日用品としてのオーガニックですから。

 

あー、また旅したいな。

 blog4

 

 

PRたかはしあずみ     Written by PRたかはしあずみ

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。