小梅という人

エアデールテリア軍用犬

小梅は2012年2月16日生まれのメスのエアデールテリアです。ヒメというママと、クライドというパパから生まれてきました。少し臆病な素質を持っていますが、とても飼いやすい、一緒に生活しやすい子です。

エアデールテリアは、イギリス原産の、キング・オブ・テリアといわれる テリアの中では最も大きい犬種です。本来はカワウソ猟など水辺の獣猟が仕事です。日本では昭和初期から軍用犬として飼育され、現在も警察犬協会の指定犬種です。

小梅キャリーバッグ

そんな立派な犬のはずの小梅は、生後3か月の頃から、たかくら新産業に毎日のように出社しています。最初のひと月は、小型犬用のキャリーバッグに入って通勤していました。

小梅小さい頃

たくさんの人に小さい頃から触られ、遊んでもらい、いたずらをして、怒られ、少しずつ我慢を覚えて、2年が経ちやっと一人前の犬になってきました。

ただ、あまりにも人間の大人たちの世界で育って来たため、自分が犬ではなく、一人の人としての扱いをされることを望んでいるところがあります。

まだ2歳になったばかりの小梅。エアデールテリアには、これから何かを覚えるにも良い年齢です。まずは、犬としての礼儀正しさを身につけなくてはいけません。

がんばりましょう。。。

これからこのブログで少しずつ小梅の日常や、犬の話をしていこうと思います。

クライドとヒメ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。