換毛期に揃えておきたいナチュラルアイテム

ゴールデンレトリーバーや秋田犬などのダブルコートの犬達は換毛期が1年に2回あります。

個体差がありますが、春は換毛期は3月~5月、秋は9月~11月ごろ。夏の毛であるアンダーコートと、フワっとした冬の毛であるオーバーコートが生えかわります。この時期に、飼い主が換毛の手助けをしてあげることで、きれいな毛が生え、愛犬を季節の変化から守ってあげることができるんですよ。

換毛期の知識については、「知っておきたい、愛犬の換毛とお手入れ豆知識」で詳しくご紹介していますので、ご参考ください。

今回は、換毛期のケアのポイントと揃えておきたいアイテムをご紹介します。

換毛の手助けはシャンプー&ブラッシングが基本

 ポイント1 ブラッシングで古い毛を取り去ってあげましょう。

抜け落ちる毛を減らすのに最も有効なのは、ブラッシング。古い毛をしっかり取り去ることは、次の季節のために必要な換毛を促すことにつながりますし、血行をよくしたり、皮膚を清潔に保ったりする効果もあるので、皮膚への過度な刺激に注意しながら日常的におこなうと良いですよ。

<揃えておきたいアイテム>

A.P.D.C.グルーミングスプレーブラッシングをより効果的に。
A.P.D.C.グルーミングスプレー
被毛の乾燥や毛玉、切れ毛を防ぎブラッシングしやすくするスプレー。あまりシャンプーのできない時期のお手入れにもおすすめです。

organicgrooming皮膚が敏感な犬にも。
made of Organics for Dog オーガニック グルーミングスプレー ソフト&フラッフィ
オーガニックアロエベラジュースを主成分とした、グルーミングスプレー。光沢のあるふんわりとした被毛を維持することができます。

ポイント2 シャンプーで、抜けたアンダーコートを洗い流しましょう。

換毛期に放っておくと、抜けた毛が皮膚に残ってしまったり、他の毛とからまって毛玉になったりと、皮膚トラブルにつながることもあります。そのため、ケアの基本は「古い毛を取り去る」ことがポイント。

定期的にシャンプーをすることで、古い毛を洗い流してあげましょう。その時、軽くマッサージしながら洗ってあげることで、血行も良くなり、愛犬とのコミュニケーションにもつながりますよ。

<揃えておきたいアイテム>

厳選されA.P.D.C.ティーツリーシャンプーたティーツリー配合のシャンプー。
A.P.D.C.ティーツリーシャンプー
ティーツリーの香りが人気のシャンプー。保湿成分として、紅藻エキスやヒアルロン酸、アロエベラ配合で、被毛と皮膚に潤いを与え、ふわツヤ感をつくります。

made of Organics for Dog オーガニック シャンプー フォー センシティブ アンド ドライ100%天然由来成分の石鹸シャンプー。
made of Organics for Dog
オーガニック シャンプー フォー センシティブ アンド ドライ

オーガニック認定のオリーブ油、ココナッツ油、アマニ油などをブレンド。洗浄力がありながら低刺激で幼犬やシニア犬におすすめ。

 ポイント3 毛が絡まらないようにコンディショナーをすると、なおよし。

シャンプーだけでも良いのですが、毛が乾燥し静電気がおきたり、毛玉ができてしまいがち。ブラッシングをしやすくするためにも、コンディショナーをしてあげると、なお良いでしょう。

<揃えておきたいアイテム>

A.P.D.C.ティーツリーコンディショナーシャンプー後の仕上げに、しっとり・ツヤツヤ感アップ。
A.P.D.C.ティーツリーコンディショナー
乾燥する秋~冬にかけておすすめなのがコンディショナー。天然の保湿成分が被毛と皮膚に潤いをあたえ、静電気や毛玉を防ぎます。長毛の犬種やハネが気になる犬におすすめです。

A.P.D.C.ボリュームアップコンディショナー軟毛や毛量の少ない犬の被毛にボリューム感を。
A.P.D.C.ボリュームアップコンディショナー
植物性アミノ酸と天然キトサン、マンゴー種子バターなどを配合し、健康的なボリューム感を実現します。

made of Organics for Dog  オーガニック コンディショナー フォー センシティブ アンド ドライ幼犬やシニア犬にもおすすめ。
made of Organics for Dog  オーガニック コンディショナー フォー センシティブ アンド ドライ
カレンデュラ花エキスをはじめ、皮膚に優しい植物エキスを豊富に配合。シニア犬やパピー、敏感肌や乾燥肌にもおすすめ。

まとめ

換毛期ケア。皆さんどの位やってあげられていますか?換毛期のケアは、愛犬が快適に過ごせる効果もありますが、飼い主にとっても抜け毛の悩みを軽減できるメリットもあります。ぜひ、今年から取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。