マダニから愛犬を守るために大切なこと

毎日のお散歩や自然豊かな場所へのおでかけ。気候のよい時期は、外で過ごす時間や回数も増えてきます。それに伴いマダニと遭遇する機会も増え、寄生の可能性は高まります。愛犬をマダニから守るには、どうしたらよいのでしょうか。

マダニはどこにいて、どうやって寄生するの?

マダニは、公園、河川敷、あぜ道、山林。草むらのあるところならどこにでも潜んでおり、主に木の上から落ちてきます。犬を好んで寄生するマダニには、ツリガネチマダニやクリイロコイタマダニなどがいます。

マダニは、二酸化炭素の匂いや体温、体臭などに反応して、犬だけではなく人や動物の体に飛び移り吸血します。自然の多い地域に住んでいたり、外飼いをしている犬は、とくに注意が必要です。通常は、数匹の寄生ですが、数十匹から数百匹も寄生するケースもあります。

マダニが引き起こす被害

マダニが媒介する犬の病気はたくさんあります。紅斑熱やライム病は人畜共通感染症(ズーノージス)と言われ、脊椎動物と人との間で感染していく病気です。バベシア病やエールリヒア症などのように命を落とす危険性をもつ病気になることもあります。

また犬の場合、感染症以外に、大量に寄生・吸血されることによる貧血、マダニの唾液がアレルゲンとなって痒みなどをひき起こすアレルギー性皮膚炎、マダニの唾液中の毒性物質によって起こる神経障害などを生じる場合もあります。

マダニから身を守る方法

しっかり駆除し、そのうえでマダニを寄せ付けない事が一番重要!

まずは駆除薬の投与が有効です。ノミやダニが繁殖する時期は、動物病院で処方してもらい定期的に投与することで、マダニの咬着を防げます。そのうえで、補助として他の方法も併用するとよいでしょう。

たとえば、忌避効果のある成分を含むスプレーや首輪などによって、マダニをつきにくくすることができます。洋服を着せることも接触する確率を減らしてくれますが、隙間から入って移動していくこともあるので、着用していても全身のチェックは必要です。とくに寄生することが多い目のふち、耳の付け根、頬、肩、前足などは注意深くチェックしましょう。

<マダニ予防に便利なアイテム>

A.P.D.C.ニーム&シトロネラスプレーA.P.D.C.ニーム&シトロネラスプレー
<マダニ忌避率 95%以上※>
ニームエキス、シトロネラ、ユーカリ、ティーツリーなどを配合することで、防虫効果を発揮するスプレー。犬が舐めても安心な成分でできています。

made of Organics for Dog アウトドアスプレー made of Organics for Dog アウトドアスプレー
<マダニ忌避率 90%以上※>
敏感な犬の臭覚に刺激の少ないよりマイルドな成分に仕上げた虫よけスプレー。オーガニック成分95.0%で、愛犬にも優しい成分で虫よけしてあげたい方におすすめです。

 

また、シャンプーは、ついてしまったものを一時的に駆除してくれますが、すべてを駆除するのは難しく、予防には向きません。また、シャンプー回数が増えると皮膚や被毛の皮脂を奪うなどの影響を及ぼすので気をつけましょう。

人間同様、マダニの寄生を発見しても自分で取り除くのは控え、できるだけ早く動物病院を受診することが大切です。

※ 一般財団法人生物科学安全研究所調べ

参考文献・サイト

イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。