人間と犬のマダニの感染被害

labo_madani郊外の山や森の木の葉っぱの裏や草むら、広い公園や河川敷の草むらにひっそりと潜むマダニは様々な病気を媒介することがわかっています。今回、マダニの人間と犬の感染被害について調査いたしました。

マダニとは

SFTSを媒介するマダニ

マダニは8本脚からなる節足動物で、昆虫ではなくクモやサソリに近い生き物(昆虫は6本脚)。日本全国に生息し、40種類以上がいる。屋内にいるダニ(コナダニ類、チリダニ類など)とは異なり、森林や草むら、市街地周辺などの野外で見られ、春から秋にかけて活動する。マダニは草や木に潜み、そばを通りがかった哺乳類に飛び移れる機会を狙っている。そして、ハラー氏器官と呼ばれる独特の感覚器官で、哺乳類の体温、振動、二酸化炭素などを感知し、体表へ寄生する。マダニの唯一の栄養源は、哺乳類の血液。幼ダニ・若ダニは発育・脱皮のため、成ダニは産卵のために吸血をする。その吸血の際に、原虫やウイルス、リケッチア、細菌などさまざまな病原体の重要なベクター(媒介者)となることがある。

マダニが引き起こす、人間と犬の共通感染症

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

マダニ媒介性の新しい感染症。血液の中の血小板が破壊され、白血球が減少する。

<病原体>
ウイルス
<人の症状>
発熱、倦怠感、食欲低下、頭痛、筋肉痛、消化器症状。主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し、死亡することもある。
<犬の症状>
無症状
<発症数・発症地域>
2013年、日本国内での死亡者数18人超。主に兵庫より西の県で発生している。

日本紅斑熱

感染したときの症状は、かゆみのない発疹や発熱などがある。放っておくと最終的には高熱を発する。治療は点滴と抗生物質の投与。この菌を持ったマダニに刺されることによって感染する。

<病原体>
細菌(リケッチア)
<人の症状>
頭痛、高熱、倦怠感、筋肉痛、出血、発疹
<犬の症状>
無症状
<発症数・発症地域>
日本国内では関東以西の地域でのみ発生が見られる。1986年病原体が日本紅斑熱と名付けられた。

ライム病

ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリアの感染によって引き起こされる。

<病原体>
細菌(ボレリア)
<人の症状>
遊走性紅斑、リンパ節腫脹、関節炎、神経症状、循環器症状
<犬の症状>
発熱や食欲不振、全身性痙攣、関節炎など
<発症数・発症地域>
欧米では年間数万人、日本では、本州中部以北、特に北海道で多い。

バベシア

マダニによって媒介されるバベシアという原虫によって引き起こされる溶血性の疾病。赤血球に病原菌が寄生し 発熱および溶血性貧血を起こす。

<病原体>
バベシア原虫
<人の症状>
急性では、溶血性貧血、血尿、溶血による貧血のため歯茎、舌などが白くなる、脾臓の肥大、黄疸、リンパ節障害、嘔吐など。
<犬の症状>
溶血性貧血、発熱、黄疸、元気消失など。症状が重い場合は急死することも。
<発症数・発症地域>
主に沖縄、四国、近畿地方をなど西日本を中心に認められている。

ダニ媒介性脳炎

日本脳炎と同じフラビウイルス属のウイルスによってひきおこされる感染症である。ロシア春夏脳炎ウイルスと中部ヨーロッパ脳炎ウイルスがある。

<病原体>
ウイルス
<人の症状>
急性脳炎、インフルエンザ様の発熱・頭痛・筋肉痛。極期には精神錯乱・昏睡・痙攣および麻痺などの脳炎症状が出現することもある。
<犬の症状>
神経症状は単なる振せん(震え)から痙攣や死亡にまで及ぶ。
<発症数・発症地域>
世界におけるダニ脳炎の患者数は、毎年6,000 人以上発生。日本での感染例は北海道のみ。ロシア春夏脳炎ウイルスが道南地域の犬に分布していることが判明した。

野兎病

野兎病菌は極めて感染力が強い菌であり、数個から100個という、ごく少数の菌と接触しただけで感染が成立する。急性発熱性疾患。生物兵器に用いられる。

<病原体>
細菌(野兎病菌)
<人の症状>
突然の波状熱、頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐、衰弱、化膿、潰瘍の発生。
<犬の症状>
発熱、運動失調、下痢、流産などを示し、幼弱なものでは死亡する。
<発症数・発症地域>
北米、ロシアなど主に北半球で発生し、日本国内では東北、関東での発生が多くみられた。

治療が遅れると死に至る上、一度でも重症化すると治っても予後は良くない。マダニ以外の感染経路もある。

<病原体>
細菌(コクシエラ菌)
<人の症状>
インフルエンザに似た高熱や呼吸器症状、肺炎など。慢性の場合は疲労感、慢性肝炎、心筋炎など。うつ病などの精神的な疾患と間違われることもある。
<犬の症状>
不顕性感染(軽い発熱や流産・不妊症などが見られる程度)