“アマゾンの奇跡”と呼ばれる プラカシーオイルの美白効果

プラカシーオイル

プラカシーオイルとは

プラカシーオイルは、アマゾンに生息する35mほどの高さのプラカシーツリーの種子から搾り取られるオイルです。
肌荒れや切り傷を修復する薬として、現地住民は古くから傷口の治療に用いてきました。アンチエイジング成分であるレチノール(ビタミンA)や、ビタミンEなどをはじめ、美白やエイジングケアに効果を発揮する成分を豊富に含んでいます。

プラカシーオイル

プラカシーオイルの美白効果試験結果

原料メーカーが調査したプラカシーオイルの美白効果試験の結果をご紹介します。

1.シミの元「メラニン」の生成を抑制

プラカシーオイルは、チロシナーゼを分解し、メラニンの生成を抑制する作用があり、塗布することで約40%メラニン生成を抑える結果が出た。

プラカシーオイル

2.ヒアルロン酸を育みコラーゲンの密度を高める

プラカシーオイルは皮膚のヒアルロン酸の産生量をアップし、コラーゲンネットワーク構造を密にし、肌のハリや透明感が上がるといわれています。実際にプラカシーオイルを塗布すると、真皮で110 ~120%、表皮で220%ヒアルロン酸の産生量が向上する事がわかった。

プラカシーオイル

試験方法

ヒト皮膚組織にU VA6 ~8 % 、UVB(2.25j / cm2)/ 日を照射し9日間培養。
※原料メーカーの調べによる