【イベントレポート】NPO法人日本ホリスティックビューティ協会 2015総会・スペシャルセミナー

2月11日(水・祝)、弊社が法人会員となっているNPO法人日本ホリスティックビューティ協会の2015年総会に出席いたしました。   

ホリスティックという概念の普及に向けて

ホリスティックとは、全体の、包括的なという意味で、「全体は部分の寄せ集めではない」という哲学的価値観を示す言葉です。

ホリスティックな価値観における美しさの追及は、自らだけでなく私たちが関わっている大切な人たちをも幸せにする力があるのです。

人間美は「スガタ(外見美)」「カラダ(肉体的健康美)」「ココロ(心的健康美、美意識)」の総和。何よりもバランスが大切です。美しさとは、それらバランスの上に成り立つ、いわば高いレベルの健康です

(日本ホリスティックビューティ協会オフィシャルサイトより一部抜粋)

今でこそ巷でよく耳にするようになってきた「ホリスティック」という言葉。この概念をいち早く取り入れ、世の中の女性たちに普及するべく2006年に岸紅子さんによって立ち上げられたのがNPO法人日本ホリスティックビューティ協会です。

上記に引用させていただいた協会の理念をご覧いただいてわかるように、心と身体の健康があってこその人間美であり、それは対自分ということに限らず大切な人たちをも幸せにするという理念には、弊社の掲げるミッションのひとつでもある「かぞくに使ってほしいもの」という考え方に非常に重なる部分があります。

本年よりたかくら新産業は法人会員として協会に加盟することになりましたので、先日の総会では会場にてブース出展をいたしました。また、御出席者の皆様には100%天然成分、95%以上オーガニック原料でつくられているアルミニウムフリーのmade of Organicsデオドラントロールオンをお土産としてお持ち帰りいただきました。

ホリスティックビューティ協会

自信を持って生きる

「自信を持って美しく生きる」これが今回の総会のテーマです。

心の状態は身体にじわじわと影響をもたらします。逆に身体の状態が心に作用することも。このことは、男女問わずみなさん人生の中で思い当る経験があるのではないでしょうか?私はあります。何度も。

人生では多かれ少なかれ傷つくこと、思い描いたゴールにたどり着けない場面があります。そういった時、私たちは自分のことが信じられなくなります。「私がやってきたことは意味が無かったのではないだろうか」「自分には能力が足りないのではないだろうか」「私の価値観は間違っているのかもしれない」などなど。

ちょっと心理学的な方向に寄ってしまいましたが、私たちが学んで知ろうとすることの先には、そういった瞬間に自分で立ち直れる材料を身につけたいという潜在意識があるのかもしれませんね。

ホリスティックビューティ協会

話しを元に戻しますが、総括的に自分や家族の健やかな幸せを思う時、やはりバランスのとれたライフスタイルが重要となってきます。与えられた情報に従うだけではなく、自分で探し出し、勉強した知識があれば自信を持って選択することができますよね。栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさん、代替医療師Vanillaさん(Yoko Alexanderさん)、協会理事の岸紅子さんによる講演と対談では食事のことから日々の健康管理(予防・対処法)まで、ご自身の経験を踏まえたお話を聞くことができました。みなさん健康的で美しく輝いていらっしゃいますが、やはりご自身で辛い時期を乗り越えた経緯がおありなのですね。

満員の会場、本当にたくさんの方が熱心にお話を聞いている姿が印象的でした。

今後もホリスティックで健やかな暮らしを楽しめる人たちが増えていくよう、弊社も協会の取り組みに参加していきたいと思います。

 

 PRたかはしあずみ

Written by PR たかはしあずみ

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。