11/25(火)第1回だいじょう部 部活「だいじょうぶなもの《食べ物編》」を開催いたしました

11/25(火)11時から、だいじょう部第1回部活「だいじょうぶなもの<食べ物編>」を開催しました。当日の様子をウェブ担当大澤がレポートします。

第1部 だいじょうぶ対談

だいじょう部部活第1部では、「だいじょうぶ対談」として管理栄養士 柴田真希さんをゲストにお呼びし、柴田さんの食にまつまるお仕事のお話や食べる物にこだわるようになった経緯、柴田さんの「だいじょうぶなもの」をご紹介頂きました。

柴田さんが「だいじょうぶなもの」と考える基準として「自分の目で見たモノである」というお話から、自身が農家さんと顔を合わせて話をしながら作り上げた雑穀「美穀小町」をご紹介頂きました。

▼雑穀「美穀小町」
http://www.bikokukomachi.com/

柴田さんが販売用に少し「美穀小町」を持参頂いていたのですが、すぐに完売!とても美味しそうでした。 

また、玉締め絞りの油や手作りの梅干しについてご紹介頂き、梅干しは意外と簡単に手作りができるということにビックリされる部員さんの姿も見られました。

CIMG1994 (2)_Rその他に、どんな食べ物でも「美味しい」、あと思って食べることが大切さや、ストイックになりすぎず、楽しく続けられる事を。というメッセージを頂き、「楽しい食事ということの大切さ」に気づかされた気がします。

第2部 だいじょうぶなもの発表会

だいじょう部部活

だいじょう部部活第2部では、参加者の皆さまの「だいじょうぶなもの」を1人ずつ共有していただきました。総勢12名での発表会は、参加者1人1人のこだわりやチョイスのセンスが光り、とても多彩で勉強になりました。

詳しいアイテムについては、「だいじょう部」の部員専用ページでご紹介させていただいています。ぜひ気になる方は部活にご参加くださいね。

今回の部活の中で、部員の方がだいじょうぶなものとして「手作り味噌」をご紹介していたのですが、「手作り味噌ワークショップ」なども今後やりたいねというお話も出ていましたw。部活を越えて、このようなご縁が広がっていくと楽しいです。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。また今後部活の活動を皆様にもご紹介していければと思います。

だいじょう部とは?

だいじょうぶなもの

「だいじょうぶなもの。」というのは、当社のオーガニックケアブランドmade of Organicsの開発キーワードです。

「家族や友人など、大切に思う人に自信を持って『これはだいじょうぶ』と勧められるものをお届けしよう」というコンセプトで、安心安全を追求するのはもちろんのこと、使いごこちや価格にもこだわったものづくりをおこなっています。

 ブランド立ち上げからずっと、そんな私たちの考える「だいじょうぶなもの」にこだわったものづくりをしていますが、色々な情報や価値観があふれる今の時代、「だいじょうぶなものって思う基準も人それぞれ。皆さんにとって、どんなものがだいじょうぶなものなんだろう?」ということにも関心を抱くようになりました。

例えば、歯みがき粉1つとっても、ある人にとっては「子供の体を考えてフッ素の入っていないものが、だいじょうぶなもの」という方がいたり、ある人にとっては「虫歯にしたくないからフッ素入りがだいじょうぶなもの」という方がいたり・・・。

そんな、人によって基準の違う「だいじょうぶなもの。」を皆さんに聞いてみたい。そして、それをみんなで共有したり考えてみることによって、いろんな価値観や考え方に触れ、新しい発見があるのではないか?

それが、この部活が始まるきっかけでした。

日常生活の様々なテーマについて、そのジャンルの「だいじょうぶなもの」を部員とともに紹介し合い、語り合いたいと思います。

参加してくれるみなさんには、何が正しいということではなく、いろいろな考え方のなかから、自分に合ったものの選び方のヒントを見つけてもらえたらいいな、と思っています。

だいじょう部に参加をご希望の方へ

まずは、「だいじょう部」へのご参加をお願いいたします。

だいじょう部のイベントにご参加頂くためには、Facebookグループ「だいじょう部」へのご参加が必要です。入会をご希望の方は、「グループに参加」ボタンを押してください。「だいじょう部に入りたいと思ったキッカケ」をお聞きした上で、承認させていただきます。

>>Facebookグループ「だいじょう部」

イベントの参加

だいじょう部のイベント申し込みは、Facebookグループ「だいじょう部」でおこなうことができます。ぜひ部活にご参加ください。

関連リンク

・「11/25(火)第1回だいじょう部 部活「だいじょうぶなもの《食べ物編》」を開催いたします

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。